住宅ローン借り換えの利息返済方法とは?

「元金均等返済」は、元本を均等割した額と利息を返済していく方法です。
最初のうちは元本が多いので利息金額も多くなるため月々の金額が大きいですが、月を重ねるごとに元本は減っていくので利息金額が減るので、次第に月額が低くなっていくのが特徴です。
一方、住宅ローンや奨学金など、長期に渡って返済していくローンは「元利均等返済」が多く、月々の返済額は一定で元本の残高に対して利息を計算し月々の返済額から利息を引いた残金が元本の返済に充てられるという返済方法です。
毎月の返済額を優先して設定できるので、債務者としては生活設計が立てやすく無理のない返済ができますが、返済当初は利息ばかり返済している印象でストレスが貯まるかもしれません。
元金均等返済に比べて元利均等返済は、返済総額が多くなるというデメリットもあります。
借り換えの際には、両方の返済方法で試算してみると良いかもしれません。