本気で浮気調査をするなら探偵事務所がおすすめ

略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。

実際そうでしょうね。

自己中心的な考えで、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情がいつかはばれるのではと怯えて生きていかなければいけないでしょう。

不倫経験者なんかと結婚しても、再び不倫にならないとも限らず、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。

浮気に走るきっかけというのは主に、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったというものです。

自分をもう一度異性として見てほしいという願望が結果的に浮気という形で出てくるのです。

そんなことにならないよう、二人でいる時間を作り、自分たちが不安なこと、不満なこと、いろんなことを見つめなおすことも大事です。

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても思うような結果にならないかもしれません。

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否することがあるからです。

そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。

思い違いで離婚裁判や慰謝料請求なんてことに納得できる人はいませんよね。

そうならないために、あらかじめきちんと調査するほうがいいでしょう。

興信所に調査を依頼するには、さしあたっては電話をかけてみることからスタートです。

相談に応じる職員の態度などを参考に、詳細を打合せたいというときは、事務所まで出向くことになります。

相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、納得したら契約書にサインして、探偵による調査が開始されます。

不倫していると受け応えでも見抜くことができます。

いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。

人間はウソをつくときほど快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。

また、少し訊かれただけで、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。

後ろめたいことを隠しているときは、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。

また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも簡単にわかるものです。

探偵に浮気調査を依頼する場合、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをきちんと話し合っておく事は欠かせません。

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかをあきらかにしておかなければなりません。

その希望次第で探偵の調査内容に違いが出てくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。

不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、金銭面で揉めたパターンもあります。

あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、契約を破棄しようものなら、キャンセル料をとられることがあります。

あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックすることを強くおすすめする次第です。

料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、ほかのところを探せばよいのです。

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。

夫は7つ年上で社宅住まいです。

夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、双方の親も交えて話し合い、離婚が本決まりになりました。

幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養育していく責任があります。

メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、安全のために公正証書を作成しました。

気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。

いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と体の関係を持つことを指します。

配偶者の不倫に気づいたら、配偶者と浮気相手の双方に慰謝料を求めることができます。

先回りして探偵に依頼してパートナーの不倫の証拠を握った上、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つような利用法も少なくないです。

浮気調査というものは、調査対象が身近な人間なわけですから、尾行自体がバレやすく、さらにはもし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もはらんでいます。

興信所の調査員に依頼すると、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに証拠を集めることができるはずです。

トラブル回避のためにも利用をお勧めします。

探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。

どんなところが高い技量を持つかというと、会社の規模によるところも大きいです。

広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。

著名な探偵社は調査に従事する職員の教育やステップアップにも意欲的で、そういう点が調査成果や報告書の精度にも表れてくると思います。

どのへんまでを浮気というのかは、個々の道徳意識によって異なると思います。

異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気したと言って怒る人もいます。

ちなみに法律の上では、肉体関係があれば「不貞」となります。

まあ、一般的には、夫婦間では不倫を疑われるようなことはするべきではないです。

不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。

一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、長期にわたって影響の出る手続きです。

認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。

そんなことになる前にどうにかして浮気を止めないと、家庭のライフプランが大幅に狂う被害も覚悟しなければなりません。

探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。

でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考える必要は実際のところ、ないと思います。

不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、否定しようのない証拠をつかんでおけば不利にはならないですからね。

もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵業者に調査を依頼する価値はあるでしょう。

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、依頼主に提供する探偵の業務は法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。

探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、不当な行為を働く業者による被害から個人を保護するために策定されたのです。

引用:浮気調査におすすめ!安い探偵事務所ならココ【無料相談OK】