介護福祉士になるまでの流れは?

私が介護福祉士になろうと思ったのは学生時代に長期の入院をしたからです。
自分が介護をされた経験から今度は介護を通じて人に恩返ししたいと思って特別養護老人ホームに就職しました。
未経験から雇ってもらったので最初はオムツ交換や移乗など介護技術に関しては初心者同然でした。
しかし、先輩職員やパートのおばちゃんに親切に教えてもらって1年後には技術が向上しました。
この施設では3年間勤めることができました。
ちなみに退職したのは腰を痛めたからです。
退職後に国家試験の勉強をして無事に合格して介護福祉士として登録することができました。
介護福祉士の仕事は交代制勤務で腰を痛めるリスクが高く決して楽ではないですが、利用者様から感謝されることが多い素敵な仕事です。
今後は高齢社会の影響でますます需要は高まるといえます。